続・隗より始めよ

利尻島より発信中

初昆布漁

time 2014/07/19

とうとうきた!しかもいきなりだ。
曇り空の予報だったので油断していたところに、いきなり昆布の旗があがった。
天然昆布の漁は、獲る量によっては積みきれないので、時間内に何度か昆布をおろしにピットインする。
干し作業はそのピットインを待ちながら追っかけで進むのだ。
朝5時からのスタートで、今日は一時間の予定だったが、なかなか晴れ間が見えなくて、10分前に終了した。

きつかった。
去年よりもなんとか足場の悪い浜を歩くことはできるようになっていたけれど、やはり干す作業はかなりつらい。
一番できない中腰の体勢をとり続けなければならないからだ。
私の場合、右脚は膝を曲げてしゃがむことができないため、ほとんど曲げずに下を向いて作業する。
太ももの後ろがパンパンになった。
おまけに、今まで小康状態だった痛みも復活。
たかが一時間の作業で、身体は一気にボロボロ状態・・・
最近はだいぶ歩けるようになっていたから忘れそうになっていたけれど、やはり病人なのだと自覚した。
無理な体勢をとれば、痛みはいつでも復活してくる。
この先が心配。

様子を見ながら、無理をしないように気を付けないと、今までのリハビリがパーになってしまいそう。
そこまでのリスクを背負ってまで、昆布に関わることは避けていこう。
痛くて苦しむのは私なんだから。

無理して病状が悪化しても、誰も、何もしてくれるわけではない。
昆布干しが終わり、帰ってきてから歩きに出かけ、午前中のうちにマッサージを一人こなしたら、昼にはもはや気絶した。
お昼ごはんの洗い物もせず、ベッドに倒れ込んで、二時間眠りこけた。
それでも午後は乾いた昆布を集めに行かねばならない、と思っていたけれど、今日は夫が気遣ってくれたのか、集め作業はパスしてプールに行ってもいいと言うので、遠慮なく甘えちゃった。
あれもこれもをこなす余裕は、今の私にはない。
自分の仕事は昆布よりも大事だし、リハビリも大事。

何よりも、自分の身体が一番大事。
私が大事にしなかったら、誰が私の身体を大事にしてくれるんだ?
誰かに昆布干しを代わってもらうことはできても、誰かに病気を代わってもらうことはできないのだと思い知った。
久しぶりのものすごい疲労感。
それでもプールに行けたので、少しは復活しているのが救いだ。
とにかく寝なくちゃ。
もう起きていられない。
明日もまた、微妙だけど昆布の旗が上がりそうな予感だ。

お知らせ

現在、メインブログ「利尻なう」にて更新中です!
スクリーンショット 2016-06-29 0.32.03

カテゴリー

過去記事一覧

2017年11月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930