続・隗より始めよ

利尻島より発信中

がっくり昆布

time 2014/09/30

昆布の第一回入札結果の下情報が入った。
がっくり。
金額は去年の半額にまで落ち込んでいた。
倍の手間をかけて、もらえる金額が半額以下。

もうどうしようもない。
しかし、去年が特別な高値だったことを考えれば当然の結果。
特別に安すぎる、というわけでもなく、例年通りの感じだ。
なかなか思うようには儲けさせてもらえない。
たくさんあればあったで安い、なければ高いが量が少ない。
漁師の生活ってのは、どこまでも厳しい世界だね。

夏前からの昆布フィーバーを冷めた目で見ていた分、私はまだ救われるのかもしれない。
大きな儲けをあてこんだ人たちはもっとがっかりしたことだろう。
まあ、こんなもんだよ。
昆布で一攫千金などあり得ない。
そこにあるのは、延々と続く単調な作業だけなのだ。

都会ではおそろしい値段で販売されている、超ブランド品の利尻昆布。
現在の日本の流通システムでは、それを支える生産者たちが潤っているわけではない。
中間コストがかかりすぎていることは容易に想像できる。
ざっと計算してみたら、末端価格は漁師が組合に販売した価格の3倍以上になっている。
これはウニにしても同じことなんだけど、本当にそこまでのコストが必要なのか?
いろいろ考え始めると話が大きくなってしまうからやめておく。
まあ、こんなもんだ。
想定内ではあるわけだから、本格的に来年出荷の準備を整えていこう。

お知らせ

現在、メインブログ「利尻なう」にて更新中です!
スクリーンショット 2016-06-29 0.32.03

カテゴリー

過去記事一覧

2017年11月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930