続・隗より始めよ

利尻島より発信中

犯人確保

time 2015/07/16

ダイエット仕切り直し2週間、ここへきて突然、私を最も太らせていたものの正体をつきとめた。
そいつの名は・・・

パン!!!

パンだったんだよ、パン!
今までノーマークだったけれど、勉強を重ねるうちにパンだと気付いてしまった。
同じ炭水化物でも、ごはんとパンとでは全く作用が違う。
カロリーがどうとか、血糖値の上昇がどうだとかいう、太る要素の問題ではない。
パンをいくら食べてもおなかいっぱいにならない、この事実が問題なのだ。
どうやら、小麦粉に含まれるグルテンという成分が、食欲をいたずらに増進させてしまうらしい。
となると、当然パンに限らず、小麦粉を使っているスイーツもアウトなのだけれど、ここに落とし穴がある。
スイーツはいかにも太りそうなので避けることもできるが、パンだと重量が軽いせいか、罪悪感が薄くなる。
食べても平気、みたいな気持ちにさせられ、結局パンの方が際限なく食べられてしまうのだ。

誰でも身に覚えがあるだろう、パン屋さんの前を通ったときに漂ってくる、焼きたてパンのいい香り。
あれにつられて店内に入ったら最後、甘い系やらおかず系やら言い訳して、3つ4つは平気で買ってしまう。
しかも、それらは自分の脳内では、完全に『おやつ』として処理される。
ごはんのように決して主食にはならないのがポイントだ。
日本のパン屋さんの品揃えと言ったら、その充実ぶりは世界でも屈指らしい。
外国人が日本に来て驚く文化の一つだと言えよう。

パン・・・その魅惑の世界。

中毒性があるなどと、気にして食べたことは今までなかった。
一生食べない、などということはできないけれど、食べる頻度はかなり減らしていかねばなるまい。
心してかからねば、魔力に屈することになる。

視覚によって刺激され、脳が発する仮の食欲と、胃袋が発するほんものの食欲を感じ分けることができなければ私の負けだ。
一方、ごはんはすぐに満腹になってしまうため、実はそんなに食べられるものではない。
これは強敵とはみなされない、食べたければ食べるべきだろう。
パンを避けるだけで、充分ダイエットと言えるのではないかというくらいの落とし穴を見つけてしまった以上、積極的に避けていこうと思う。

同じ食べるでも、わかって口にするのと、知らずに口にするのとでは結果が違う。
惑わされないよう、注意して食べよう!
なーんて思った。

お知らせ

現在、メインブログ「利尻なう」にて更新中です!
スクリーンショット 2016-06-29 0.32.03

カテゴリー

過去記事一覧

2017年12月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31