続・隗より始めよ

利尻島より発信中

工夫で痛みをしのぐ

time 2014/11/01

朝の発作の最中、新しい発見をした。
首の後ろ、ちょうど頭蓋骨の終わりあたりをほぐすことで、かなり痛みが緩和する。
血流が滞っている部分なのかもしれない。
おかげで今日は、のたうち回る寸前で回避、薬が効くまでの間を上手にしのいだ。

この、朝のスタートが何よりも大事なようで、今日は一日、激痛までには至らず、どことなく痛い、そんな感じが何度か訪れたけれど、昨日よりはずっと楽に過ごせた。
ただ、目の充血がひどいため、人に会うと驚かれる。
誰がどう見ても病人、そんな面構え。

昆布まではできなくとも、少しは身体も動かそうと、コンビニまでは歩いてみたりして、少しずつ社会復帰をしている。
稚内で動けたことを考えれば、ただ安静に、寝てばかり、というよりは身体を動かした方が良いのだろう。
ひどく痛む前に、あやしいぞ、という痛みが来たときに早めに薬を飲むようにも心がけた。
痛みすぎれば何もできないどころか、その痛みがまたストレスを引き起こすという悪循環に陥るからだ。
我慢しすぎないよう、甘やかしすぎないよう、毎日の工夫で乗り切っていきたいと思う。

久しぶりに夕食作りもちゃんとできた。
あったかい汁物が恋しくて、野菜たっぷりで豚汁を作ったよ。
昨日よりはずっと、動ける時間が長かった。
目を休めようと、パソコンから少し遠のいてみたのも良かったのかもしれない。
とにかく、発熱と吐き気が治まっただけでも助かる。
非常にゆっくりペースだけれど、少しは快方に向かっているようにも思える。
頭痛を訴えだしたのが10月24日なので、現在9日目。

私にとってはもう何ヶ月も苦しんでいるように思えるけれど、実際はたいした時間は経っていないのだ。
頭痛にもいろいろな種類があるようで、私はまだ、自分の型が何なのか、明確にはわからない。
先日診察してもらった禎心会の先生の説明では、偏頭痛は若い頃に発症しなければ中年期以降になることはないということだった。
だとすると私の頭痛の種類は、緊張型か、群発頭痛ということになるのだけれど、症状的には群発型。
ただ、初めてなので群発かどうなのかはわからない、といった現状だ。

何よりもまず、心配しすぎないように上手に気を紛らわせる、それが課題。
今日よりも明日、少しでも楽に過ごせれば、それでラッキー。
多くを望まず、身体を大切にしていこう。

お知らせ

現在、メインブログ「利尻なう」にて更新中です!
スクリーンショット 2016-06-29 0.32.03

カテゴリー

過去記事一覧

2017年9月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930