続・隗より始めよ

利尻島より発信中

痛みを測りたい

time 2015/08/21

久しぶりにプールに行けたよっ!
そして今日は新しい発見をした。
水中で動くと左股関節が痛く、水からあがると右脚が痛む。
これはなぜ?

プールで2時間歩きながら、ひとつの仮説を立てた。
もしや、進行期が痛むのではないだろうか。
良く、腰の曲がったおばあちゃんが『曲がるまでが痛かった、曲がってしまえば痛くない』と言うが、それと同じように、股関節も末期まで行ってしまった方が逆に痛みは減るのかもしれない。
それならばリハビリ入院の度に回復していったことの説明がつく。
ということは、左脚もこの痛みを乗り越えれば軽減する可能性もあるということになる。
実際、札幌から帰り、昆布が終わってからは歩行時の痛みがかなり減った。
夜間痛だけがうっとうしく残っているけれど。

私は以前から、夜の痛みは夜間工事のようなもので、寝ている時に身体が何かを修復していて痛むのではないかと考えている。
その証拠に、痛くて起きても、座ると痛くなくなる。
本当に人体は神秘。
痛みというものは血圧のように客観的な数値で表せないがために、周囲の理解も得られにくい。
何かで測れればいいのに。
それを開発できたら遊んで暮らせそうだ(笑)

プールにいるときは、無心なようで実は結構いろいろなことを考えているものだ。
思考は片時も休まない。
じっと考え込むよりも身体を動かしているときの方がひらめきが多いのもそのせいだろう。
そういう意味でも、プールは絶対に必要。
できることをひとつずつ、積み上げていこう!!

お知らせ

現在、メインブログ「利尻なう」にて更新中です!
スクリーンショット 2016-06-29 0.32.03

カテゴリー

過去記事一覧

2017年11月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930