続・隗より始めよ

利尻島より発信中

仮通夜

time 2014/07/20

時化模様で旗もあがらず、今日は久しぶりにのんびりした日曜日になりそうだ、と思っていた矢先。
かねてから入院中の夫の叔母が昼頃亡くなり、今日は自宅での仮通夜に行ってきた。
明日は島に来て初めての、葬儀への参列となる。
私は生前会ったことがないので、全く実感がわかないけれど、頭に一番に浮かんだのはこれだ。

『喪服どーしよー!』

葬儀の手伝いならば何度も経験したけれど、それは地味な普段着で済んでいた。
しかし、身内の葬儀となればそうはいかない。
着物は横須賀に置きっぱなしだし、持ってきていた喪服は、痩せた時にデブ服を捨てて新調した物で、当然太って着られなくなっていた。
ついこの前、そろそろ着られるかも?と思って試した時にはスカートのホックが留まらなかった。
あれからそんなに体重は落ちていない。

が、しかし、いざ試着してみたら、着られた!
余裕とは言わないが、パンパンでみっともないほどでもない。
体重はそんなに変化がなくても、どうやらサイズにはかなりの変化があったようだ。
ほっとしたよ。
後は参列時の正座さえクリアできれば、なんとかなる。

自治会館で執り行われる葬儀は、椅子の用意はあるものの、年寄りでもない私が使うのは、どうもはばかられる。
こんな時には見栄を張ってでもかっこつけたい私に、久しぶりに対面した。
股関節を患って以来、人の集まる場では、床に座れないことでかなりの不自由を味わってきた。
明日は意地でもきちんとしていたいと思う。

仮通夜では、今まで会ったことのない人たちとも出会い、それが心地良く感じた。
ああ、島にもこんなに楽しい人がいるのだ、と思えた。
全てのことに、引き寄せの法則が働いているように実感した。
喪服が着られるようになったタイミングでの葬儀、そして新しい出会い。
こんな機会をくれた叔母には、感謝の気持ちで旅立ちを見守らせていただきたいと思う。

お知らせ

現在、メインブログ「利尻なう」にて更新中です!
スクリーンショット 2016-06-29 0.32.03

カテゴリー

過去記事一覧

2017年11月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930