続・隗より始めよ

利尻島より発信中

きよみ流 毛ガニの正しい食べ方

time 2015/04/28

待ちに待った毛ガニ!!
今日ようやく我が家にやってきた。

少し傷がついていたり、足がもげていたりするものを、安く分けてもらっている。
今回は15杯もいただいたよー!
圧倒的存在感☆

今日あげたばかりなので、まだ生きてる。

カニをいただいた日には、夫から帰る前に連絡が来る。
そう、『お湯を沸かせ!』だ。
できるだけ早く茹で上げるのが秘訣。
大鍋のお湯は沸騰するまでにかなり時間がかかるので、帰宅前の連絡は必須なのだ。

15分ほどで、茹で毛ガニ完成!
まずは1杯、ゆでたてを剥きながら食べる。
これ大事、産地のみの特典なのさ。
胃が落ち着いたところで、正しい食べ方に突入。

まずは足をもいで、その身をお皿にためていく。
この作業は実に大変。
手が痛くなるけど、頑張るのだ!
こうしておけば、サラダやチャーハンにも活用可能。
冷凍するならこの状態がよろしい。
今回は塩加減が少し薄めだったので、酢などつけて食べてもおいしい感じだ。
味噌を重視するなら小さい毛ガニ、身を重視するなら大きい毛ガニがよろしいようだが、当たり外れの個体差が大きく、なかなか実感できない。
その、味噌の部分がとりっこにならないよう、我が家ではこうして食べる。

足を外した甲羅の部分を・・・

味噌(甲羅)と

身の部分に分ける。
写真のように半分に切ると、身出ししやすい。

甲羅部分に身を出していき、味噌とあえていく。
うーん、ジューシー☆つまみぐい注意だ。

完成した3杯分の毛ガニセット。
これなら食卓に邪魔にならずに出せるし、味噌の取り合いもおきないのさ!
まあ、本来は毛ガニはおかずではない、おやつだ。
どんなに食べてもおなかいっぱいにはならない。
ただ、飽きるだけだ。
そんな贅沢を味わえるのも、ほんのひとときのこと。
北海道だからって、いくらでもカニ食べ放題ってわけじゃない。
とれたて、ゆでたて、とにかく最高!
おいしかったよ!
久しぶりに燃えた〜!

お知らせ

現在、メインブログ「利尻なう」にて更新中です!
スクリーンショット 2016-06-29 0.32.03

カテゴリー

過去記事一覧

2017年11月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930