続・隗より始めよ

利尻島より発信中

筋肉痛!!

time 2014/08/03

朝、ベッドから起き上がるとき、まさかの展開が。

超筋肉痛!

太もものウラだ。
まさに私の一番の弱点で、病院の体操でも、うつぶせでの足あげができなかったことが思い出される。
あの時に使う筋肉が、もう半端ない筋肉痛だった。
昨日の昆布漁の影響だ。

でも、ちょっと待て。
筋肉痛になるということは、その筋肉を使えた、ということになる。
それは進歩というよりも、奇跡に近い出来事だ。
本来は喜ぶべきことなのだろうけど、とてもそんなことは言っていられない。
階段を降りるのにも一苦労、やっとの思いで降りてきたものの、何もできないまま夫のベッドに倒れ込み、また爆睡に。
起きたら昼だった。

筋肉痛も久しぶりだけど、こんなに寝たのも久しぶり。
よほど疲れていたのだろう、そこまでとは自分でも気付かなかったよ。
歩きに行こうにも、痛くて痛くて気力が湧かない。
なんとかプールに行けば復活するか?とも思ったが、実際に行ってみると水中では普通に動けるものの、筋肉痛に関しては緩和しなかった。

今日は歩くことをあきらめようかと何度も思ったけれど、夕食後に気力を振りしぼって出かけた。
歩き始めてすぐに、もうダメだ、帰りたい・・・なんて考えながら泣く泣く歩く。
ノルマは一万歩、とてもじゃないけれど達成できそうもない気がした。
どうしてもダメだったら帰ろう、そう言い聞かせながらとにかく歩く。
ところが3000歩目を超えるあたりから、ようやく少し慣れてきた。

痛みがなくなったわけではないのだけれど、歩けるようにはなってきて、これならなんとかなるか、と思えるようになった。
不思議なことに、股関節の痛みは全くない。
筋肉痛に気をとられていたせいか?
同じ『痛い』という表現を使っても、筋肉痛と股関節の痛みとは全くの別物だ。

筋肉痛はどこか笑っちゃう痛みかただけど、股関節の場合は人生に絶望するほどの苦しみを伴う痛みを感じる。
今日は筋肉痛オンリーだったので、痛くても安静を必要としていないことは身体で理解していた。
むしろ、積極的に動かしてあげたほうが早く緩和すると思って頑張ったのが功を奏して、なんとか一万歩を達成。
今日ほど自分を褒めてあげたかった日はない。

あきらめるのは簡単なように思えて、実は簡単ではない。
その後、どんな気持ちになるのかを考えると、あきらめきれない気持ちの方が強いんだもん。
たった一日、歩くのをやめるというその行為は、確実に自己嫌悪を生む。
かたや、ほどよく無理して達成したときの喜びは、いつもよりも大きい。
大変なことをやり遂げることで、脳は快感を覚えるのだ。
頑張って歩いて本当に良かった。

日々、積み重ねるものというのは、一日でも休めば続きから始められるわけではなく、後退してやり直しになってしまう。
何事も根性だよね、根性。
少し私の中にもそんなものが芽生えたような気がして、久しぶりの筋肉痛にも感謝した。

お知らせ

現在、メインブログ「利尻なう」にて更新中です!
スクリーンショット 2016-06-29 0.32.03

カテゴリー

過去記事一覧

2017年9月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930