続・隗より始めよ

利尻島より発信中

障害者控除を受ける

time 2016/03/03

確定申告シーズンまっさかり。
我が家も準備にとりかかり、情報収集をしていたら、新事実に気付いた。
先月交付された身体障害者手帳。
夫の扶養に入っていても、障害者控除が受けられるんだね。
島の場合、同じように障害者申請をしたみんながもらったと言っている『冊子』のようなものはもらえず、ほんの少しのメリットが記載されたコピーを1枚もらっただけ。
役場に詳しい人もいない、結局自分で調べなければダメなのよ。
直前でわかって良かった。
ちなみに、国税局のサイトには、こんな風に記載されている。

 納税者自身又は控除対象配偶者や扶養親族が所得税法上の障害者に当てはまる場合には、一定の金額の所得控除を受けることができます。これを障害者控除といいます。
控除できる金額は障害者一人について27万円
特別障害者に該当する場合は40万円
控除対象配偶者又は扶養親族が特別障害者に該当し、かつ、納税者又は納税者の配偶者若しくは納税者と生計を一にするその他の親族のいずれかとの同居を常況としている場合は75万円です。
なお、障害者控除は、扶養控除の適用がない16歳未満の扶養親族を有する場合においても適用されます。
平成22年分以前の障害者控除の金額は、障害者一人について27万円(特別障害者に該当する場合は40万円)です。
また、控除対象配偶者又は扶養親族が特別障害者に該当し、かつ、納税者又は納税者の配偶者若しくは納税者と生計を一にするその他の親族のいずれかとの同居を常況としている場合は、配偶者控除又は扶養控除の額に35万円が加算されます。

私の場合は27万円が控除されるということだ。
これはあなどれない。
申告書に記載するだけなのに、書かなければ控除されない。
こんな大事な事、誰も教えてくれなかった。
情報を自分から求める習慣がなければここでは損をする。
まったく、島の生活ってのは、何事にもたくましくなれるわ(笑)

お知らせ

現在、メインブログ「利尻なう」にて更新中です!
スクリーンショット 2016-06-29 0.32.03

カテゴリー

過去記事一覧

2017年11月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930