続・隗より始めよ

利尻島より発信中

免許更新

time 2014/11/07

頭痛はないものの、クラクラ感のある、はっきりしない体調の中、免許更新のため講習会に行ってきた。
離島での免許更新は本当に煩わしい。
何がってさ、交番で申請、後日講習会にという段取りなんだけど、写真は自分で用意しなければならないのだ。
もちろん島には証明写真のコーナーなんてない。
わざわざそのためだけに稚内に行くのも面倒なので、みんな適当にデジカメで撮った写真で申請している。

これが本当に、納得のいくようには撮れないんだよ。
家では照明にも限界があるし、なんだか暗い写真になってしまう。
何度撮り直してもきれいには撮れなかったが、仕方なくそのまま申請。
何年も使う免許証なだけに、こういうとき不便さを実感する。
島に来て3年、今回はゴールド免許になった。
何年ぶりだ?
18歳で免許をとって以来、一度しかゴールドになった記憶がない。
都会生活では当たり前のように、ちょこちょこと捕まる。

そんな中でのゴールド免許は貴重だけれど、島ではゴールド当たり前。
田舎者の烙印のようにも思える。
講習会の会場では、受付が二ヶ所。
案内のままに進むと、当たり前のように『交通安全協会』の会費を徴収された。
5年分、2000円なり。

こんな任意のもの、断ればそれで済んでいたので、今まで払ったことはなかった。
しかしここでは、任意だという説明は何もない。
『何の費用ですか?』とまでは聞いたけど、『旗立てたりとか・・・』みたいなことを言っていて、はっきりした返答はない。
『5年で2000円ですから』とそこだけ強調してくる。

島の人たちは払って当たり前だと思っているから、こんなことで食い下がる人はいない。
私も面倒を起こすのも嫌なので払ったけれど、納得はできないよ。
無知につけこんでいるとしか思えないから。

金額の大小ではない。
知る権利を踏みにじられていることが耐えられないのだ。
確か横浜では、『ご協力お願いできますか?』という風に訊かれたと思う。
ところがここではいきなり『2000円かかります』という上から目線。

それがまかり通ることが嫌。
免許なんて、全国共通でしょうが!
なんでもかんでも、『離島だから』では済まされない。
なんて、真面目に考えればストレスになる。
何を言っても通用しない、島独特の暗黙の了解が、私にはやはり苦痛なのだ。
おかげで、講習の最中は頭痛がした。
何を考えてか、事故を想定していきなり風船を割られた時にはストレス全開。
変な講習会だった。
やっぱり私、心底北海道民には、なれそうもない。

お知らせ

現在、メインブログ「利尻なう」にて更新中です!
スクリーンショット 2016-06-29 0.32.03

カテゴリー

過去記事一覧

2017年9月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930