続・隗より始めよ

利尻島より発信中

夏休み終了

time 2015/08/15

いろいろ考えなければいけないことを抱え、脚も痛いまま。
座薬も使ってみたけれど、劇的に効く、というわけではなかった。
物事を順序だてて考えれば、まずは何かを始めることより、手放すことを選択した。

今年の昆布はもう採らない。
もはや昆布の状態も悪くなっているらしく、人手にお金をかけてまで利益の出るものは採れない。
脚をボロボロにしてまで採る価値はないことを切々と夫に伝え、もう採らないことに決めた。
夫にしてみれば名残惜しいことだろうけれど、今の私の身体にはあれもこれもの負担をかけるのはもう無理。
1人でどうにかできるものならば好きにしてもらっても良いんだけどね。

昆布があると思うだけで脚の痛みはひどくなる。
治療の選択はまだ今すぐ決めなくても良いが、まずはこのストレスを手放さなければ。
お盆期間中は、ウニ、ノナは旗止め。
昆布だけしかないので、本当は昨日帰って少しでも採る予定だったのだけど、辞めるのならば早く帰る必要もない。
どうせなら夏休みを楽しもう!と、1泊延長して昨日は札幌で遊ぶことにした。

とは言っても、歩かずに遊べるところなんて、パチンコ屋くらいのものだ。
島の友人から、なんだかすごいパチンコ屋があると聞いていたので行ってみたら、確かにすごかった。
店内に一歩入ると、アロマのいい香り。
たばこ臭い、狭苦しい、そんなイメージとはかけ離れたパチンコ屋。
店員の応対は信じられないくらいに丁寧。
スペースも広々としているため、車椅子のお客さんもいたのには驚いた。
何から何まで至れり尽くせり、そんなパチンコ屋があるなんて、思ってもみなかったことだ。

貧乏人の憧れ、フェラーリがどーんと飾られ、イメージキャラクターの石田純一がにっこりとほほえむ。

景品交換所には、優雅にアロワナが泳ぐ。

沖ドキをやったら、カナちゃんランプ点灯!

夕方までは冴えない展開だったのだけど、17時を境にいきなり爆発!
連チャン続きで頭の上の置き場では足りなくなり・・・

こんなことになった!
目立ちすぎてお客さんの視線が突き刺さる中、帰るに帰れない連チャンラッシュ。

結局これだけ交換した。
収支明細が驚き。
夫が20000円で51000円を、私が16000円で151000円とった。
トータルで166000円の勝ち!!
どうやら等価交換ではないらしく、1枚18円程度のようなので、計算すると2人で11000枚出したことになる。
おそろしいツキ(笑)

昆布をやめると決めたおかげで、きっと神様が代わりの収入を与えてくれたのだ。
ありがたくそう受け止めて、今日帰り道に留萌でゴージャスな長靴を購入。
これでウニむきもはかどるよ(笑)
脚が悪くて何も楽しめない、と思っていたけれど、こんな楽しみ方もあるとわかったのは貴重な経験。
お金が儲かったことは当然嬉しいけれど、本当に得たものはそれではない。
できないことを挙げるのではなく、できることをひとつひとつ数えていこう、そんな気持ちにさせてもらえたことこそが、一番の儲けだ。

脚が悪い、それは現実。
でもパチンコ屋で見かけた車椅子のお客さんが自然に楽しんでいる姿が、私には衝撃だった。
置かれた状況の中で、いかようにでも楽しむことができる、そう教えられた気がする。
延長した札幌の1泊は、私にいろいろな気付きをもたらしてくれた。
充実した夏休みは、もうこれで終了。

お知らせ

現在、メインブログ「利尻なう」にて更新中です!
スクリーンショット 2016-06-29 0.32.03

カテゴリー

過去記事一覧

2017年11月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930