続・隗より始めよ

利尻島より発信中

ルセット(recette)の最高級パン食べてみた!

time 2014/07/05

友人たちは誰もが、私がおいしいもの発掘するのが大好きなことを百も承知。
折々にいろいろないただきものをするのだけれど、今日いただいた食パンはルポせずにいられない。
せっかく友人がこっそり送ってくれているにもかかわらず、今時のヤマトはお節介にもメールで到着予定を知らせてくれる。
ルセットのパン、と聞いて心当たりがなかったので調べてみると、何やら高級なオーラが・・・

ルセット
初耳だった。

てか!3000円を超える食パンなんて、自分で買うわけないし。
いったいどこまでおいしいのだろう、と、朝から到着を楽しみにしていた。
そして到着。

こだわりだよね〜、食パン在中とある。

段ボールをあけると、中にRのロゴが!!
ますます高級感漂い、期待度MAX突入!

触ってみると、なんだか固い感触。
天然酵母だから、生地がみっちりしているのかな?などと思いながらも、食べ急がず、まずは添付されていた能書きを一通り確認してみた。
どんなにこだわって作ってるかや、おいしい食べ方(1.6cmに切って焼く)などなど、あまりにも熱く語られすぎると少しうざくなってくる。

え?風で焼く?
一見エコなエネルギーの風力発電にこだわっているようにも思えるが、ちょっと待て。
3000円も取っておきながら、窯で焼いているんじゃないの????

原材料も確認、おそろしいほどシンプル。
添加物どころか、バターや卵すら使っていない。
さすがに高級品は違うなあ、と思いつつ、まずは香りを確認。
あれれ?
すっごい普通。期待度ここで一気にダウン。
でもまだわからない、何しろ3000円のパンだ、おいしいに違いない!
まずは食べてみなくちゃ!

切ってみた。
切りにくい・・・
どんなに頑張っても切り口がバサバサしてしまう。
高級品だからだよね、私の腕が悪いだけだよね。

指定通りこんがりと焼き上げ、私がこだわっている無塩のよつ葉バターをたっぷり載せる。
記念すべき一口目。

『ガリッ』

うん、まさにガリッて言った。
え?なんで?なんで?

食パンだよね?フランスパンじゃないよね?まさかラスクでもないよね?
おかしい、ここはあまりのおいしさに感動する場面でしょ〜!
しかし、食感の悪さが邪魔をして、味がよく伝わってこない。
そうだ、噛めば噛むほどおいしいって書いてあったからね、私が悪いんだよ私が。

噛んだ。

素直に噛んだよ。

でも、やはりいたって普通の固め食パンだった。
もちろん好みにもよるのだろうけど、私がイメージしていた最高級食パンとはかけ離れていた。
まずいというわけではない。
でも、何の感動もそこにはなかった。

それでもあきらめきれず、夫は、モッツァレラチーズを載せて焼いた。

私も今度はとっておきのピーナツバターで食べてみた。
しかし、努力むなしく、何をどうやってもおいしいと感じることが出来なかったことが悔しい。
値段を知らなければこんな風に思わなかったのかもしれないけれど、これのどこに3000円の価値があるのだろう。
期待が大きかっただけに、このがっかり感の持って行き場がない。

おまけに、さっきは気付かなかったけれど、パンを取り出した箱の底に、値段記載でセールスのカードが入っていた。
いろんなことにこだわっている割に、なんと配慮の欠けた行為だろう。
通販のみでの販売のくせに、神奈川からの注文で北海道に発送、これが贈答品だと気付かなかったとは言わせない。
この価格帯であれば、ギフトにも当然対応していて当たり前じゃないの?
酵母にモーツアルト聴かせる前に、やることちゃんとやってくれ!
おいしいパンを作るために我々は努力を惜しみません、クリエイターであり、アーティストです。
みたいなことも書いてあったけど、これじゃあパンを作るアーティストというよりは、パンを売るアーティストだと感じた。

宣伝文句のうまさはピカイチ。
と、まあ、あまりにも酷評でごめんなさい。

でも食べ物に関して嘘はつきたくはない。
断っておくが、これは、ネット販売を主にしている、この会社へのクレームだ。
せっかくの友人の気持ちを、ここは踏みにじっているとしか思えないのがムカつくのだ。
『おいしいものを届けてあげたい』という友人の気持ちは充分過ぎるほど伝わってきたし、とっても感謝している。
お礼の電話をしたときにさりげなく聞いてみたら、彼女自身も食べたことがないと聞いて安心した。
彼女がおいしいと感じたのであれば、なんだか裏切るような気持ちになってしまっただろうから。

私のためにいろいろネットで探してくれた、その気持ちを大切にしたかったので、めずらしくておいしかったと伝えたけれど、いつかこの正直な感想を自白しようと思う。
何年か経って、笑い話として受け取ってくれる時期がきたらね。
おいしさは別として、珍しいもの好きな私には、本当に楽しい時間だった。
どうもありがとう☆

お知らせ

現在、メインブログ「利尻なう」にて更新中です!
スクリーンショット 2016-06-29 0.32.03

カテゴリー

過去記事一覧

2017年11月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930