続・隗より始めよ

利尻島より発信中

今日から本格的にリハビリが始まった。
私の一日のタイムスケジュールはこうだ。

9:00 PT
11:00 点滴
13:00 プール
14:20 OT
15:40 自主練習

富士温泉病院での股関節リハビリは、PTと呼ばれる理学療法と、OTと呼ばれる作業療法、プールでの歩行や運動、ノルディックウォーキングがメインのようだ。
まだ勝手がわからない部分もあるが、それはおいおい、といったところで、まずは与えられた課題をこなすことだ。

ちなみに、受けてみた感じでは理学療法と作業療法との明確な違いはない。
元々は理学療法士が脚を、作業療法士が手を、といった区分分けがされていたようだけど、関連性もあるので統合されてきているとのこと。
どちらも身体をほぐすことを目的としている。固まった筋肉やら筋膜に働きかけるマッサージのようなもの。

リハビリ、と聞くと一生懸命自分で動かすことばかりを想像していたので、これは嬉しい誤算だ。
あまり動かし過ぎてもダメらしい。
そもそも股関節を患う患者さんは、活発な人が多く、使いすぎて痛めたわけだから、と言われ納得した。
また、痛みを超えて動かしていくのかと思いきや、全ては痛みを感じたらやめる、が条件。

プールでの歩行練習も、少し重量のあるノルディックウォーキングのポールを使って行われた。
私はまだ初級クラスなので、前歩き、後ろ歩き、横歩きプラス体操で約40分。
キツくはない。
横歩きの時に右脚を交差させるのだけはうまくいかないが、プールの中では痛みはない。

もちろん温泉につき、水温が高めなので泳ぐことを前提としている水温低めの普通のプールよりは快適にウォーキングできるそうだ。
私は普通のプールでも寒さは感じないが(笑)

あっ、そうだ、ここで文句一つ。
持ち物に水着は書かれていたが、帽子は書かれていなかった。
今日は貸していただいたけど、売店で買うように、とのことだった。
1350円、選べない割りには結構いい値段なので、ちゃんと持ち物に記載しておくべきだと思った。

自主練習は人それぞれ自由にPT室の設備を利用して行う。
バランスボールや自転車こぎに似たマシンが人気。
夕方の体操はCDを使って行われる。
NHKの体操よりは軽めの体操だ。
今日は私だけしかやってなかったみたい。
4日目ともなると、いろんな情報が入り始めて、少々疑問に思うことも出てきた。
ま、ゆっくり行こう!

お知らせ

現在、メインブログ「利尻なう」にて更新中です!
スクリーンショット 2016-06-29 0.32.03

カテゴリー

過去記事一覧

2017年11月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930