続・隗より始めよ

利尻島より発信中

鍋焼きうどん

time 2014/11/10

利尻の冬の風物詩、みんなが待ちに待った鍋焼きうどんを食べてきた。
11月から始まるこの鍋焼きうどんを食べに、島中から人が集まってくる。
他には何もない、仙法志地区唯一の食堂だ。

正式名称はマルヰ食堂なのだが、島では『いださん』で通っている。
お手頃なお値段でおそばやラーメンが食べられる、島民に愛され続けているお店。

天ぷら、おもち、卵が入った特製鍋焼きうどんは大人気メニュー。
関東で食べ慣れていたものよりも、若干うどんがもっさりしている感が特徴。
こういう熱々メニューは、雪国で食べるとすごくおいしく感じるから不思議だ。
今日もお店は大混雑、お座敷にあがった人たちの長靴があふれかえるほど。
現場に出ていた夫とお店で待ち合わせをして、今年初の鍋焼きうどんを堪能した。
うん、おいしかった〜!
満足満足、体調もいいぞ☆

お知らせ

現在、メインブログ「利尻なう」にて更新中です!
スクリーンショット 2016-06-29 0.32.03

カテゴリー

過去記事一覧

2017年11月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930