続・隗より始めよ

利尻島より発信中

最近思うこと

time 2014/06/27

『私はラブリーガル』を引き続き視聴中。
ようやくシーズン3までたどり着いた。
ジェーンのことがどんどん好きになってくるのがおもしろい。

デブはデブなんだけど、ただのデブではない。
性格もとても可愛いのだけれど、顔は美人だし、デブであることが全く気にならない。
彼女は身体の使い方や仕草、表情、ファッションなどなど、すごく魅力のある女性に見えてきた。
体型以上の魅力というものがあるのだと気付かせてくれる。
歩き方なんて、本当に可愛い。
すごくいろいろなことを感じさせてくれるドラマだよ。

ジェーンには、女としてとても良い勉強させてもらっている。
かたや、今置かれた自分の環境はまるっきり逆だ。
夏場は島での人間関係が濃くなってくる。
私が生理的に苦手な人物とも付き合わなければならない。
今まで以上に下品な言葉に敏感に拒否反応を起こすようになったのは、相手が変わったからではなく、私の感じ方が変わってきたからなのだろう。
女子力皆無の人と付き合うことがとても苦痛だ。

朱に交われば赤くなる。
だからこそ、こんな風にはなりたくない、という人とは距離を置きたい。
人に何を言われても、自分の世界を持つことが大切だと思った。
聞きたくない汚い言葉に対抗するには、iPhoneで音楽聞いてりゃいい。
みんながしていないからこそ、漁場には絶対にきちんとお化粧していく。
今の私は、漁師の奥さんらしくしようなどとは、これっぽっちも思っちゃいない。
すっぴんでヤッケなど、死んでも着たくない。
女を捨てる生き方をするのなら、痩せる意味などどこにもないのだから。

そう、結局は生き方。
島に来て、自分を漁師の妻だと定義づけたことは、ひとつの過ちだったと思う。
その前に、私は私であるべきだった。
最近は特にその思いが強くなってきている。

『当たり前』の価値観が、そもそも私は島民たちと大きくずれているのだ。
そしてそれは、これから先もっと大きくなっていくだろうと予測できる。
その時はおそらく、全く違った人間と付き合うことになるだろう。
エネルギーが似たもの同士しか、仲良くはなれないものだと思うから。
今の人間関係も、過去の私が引き寄せたものだということは認めよう。
そしてそんな自分も許そう。

ダイエットってのは、過去の清算でもあるんだね。
痩せれば痩せるほど、何かに気付く。
やるべきことはいつも、目の前にある。
それを忘れずに、これからも自分と向き合っていきたいと思う。

お知らせ

現在、メインブログ「利尻なう」にて更新中です!
スクリーンショット 2016-06-29 0.32.03

カテゴリー

過去記事一覧

2017年9月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930