続・隗より始めよ

利尻島より発信中

サウスポイント名物 飛び込みに遭遇!

time 2015/04/14

アメリカ合衆国最南端、サウスポイント!

グーグルマップでは1時間58分で着くような案内になっているが、行きにはいろいろ寄ったので、3時間程度を要した。
帰りは確かに2時間くらいだったかもしれない。

くねくねの山道は暗くなると運転も怖いので、やはりサウスポイントは遅くても夕方5時には出発したい。
ハワイ島は星空観測の重要拠点ということもあり、大きな道路であっても、外灯というものが存在しない。
その暗さを経験するのもまた都会から来る楽しみのひとつなのだが、やはり慣れぬ道の運転だけは気を付けよう!

さて、プナルウベイクショップの後、悪路を進み、目指すは最南端!

風が強いが故に、木が斜めになっている。
宮崎駿の世界か!

ようやくたどり着いた最南端、と言っても何もない。
処刑台のような、うら淋しい建造物があるだけ。
何か荷揚げをするのに使っていた滑車なのだろうか?
その断崖絶壁感は、船越英一郎が佇んでいたら、まさに火曜サスペンスといった趣。
絶壁の高さは20mくらいだろうか?

今では肝試しの飛び込み名所になっている。
ここから飛んだ日本人の若者3人組に出会えたのは奇跡だ!
地元の若者達は我先にと飛びまくるが、日本人が飛んだのを見たのは初めて。
その勇気を称えたい。

飛び込んだ感想を聞いてみたら、こう返ってきた。
『巨大なウォシュレットみたいにお尻の穴が痛い!』

意外な答えだ・・・

何事も、やってみなければわからないものだね。
彼らも3年越しでここに来て、やっと飛ぶ勇気が持てたのだという。
若いうちにいい経験ができて何よりだ!
高所恐怖症の私には、とてもとても・・・

断崖絶壁

この後、彼は処刑台の上におもむろに立ちあがり、バク転しながら海に飛び込んでいった。
その美しさ、ハンパなし!

ぽっかりと空いた穴も、飛び込みの名所だ。
写真を撮るだけでも足がすくむ。

しかし、どんな言葉や写真を並べても、この恐怖感、断崖絶壁感は伝えることができない。
サウスポイントは、なかなかツアーでも連れて行ってもらえないので、少々運転に自信があるのであれば、ぜひとも訪れるべきところ。

ただし、名物の飛び込みは、いつでもやっているわけではない。
そんな場に立ち会えたらラッキーなんだよ☆
見ているだけでおもしろい!

ちなみに私はここに来たのは3度目になるけれど、いつも曇り空。
もしかしたら、晴天というのはほとんどないのではなかろうか?

すごく地味だけど、どこか人生観が変わるようなムードがある。
私的には、ハワイ島でいちばんオススメスポットだなあ。

お知らせ

現在、メインブログ「利尻なう」にて更新中です!
スクリーンショット 2016-06-29 0.32.03

カテゴリー

過去記事一覧

2017年12月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31