続・隗より始めよ

利尻島より発信中

正しいことがしたければ

time 2014/03/14

朝っぱらから不快。
二艘分引き落とされていた漁船保険、組合に問い合わせしたら驚くべき返答。
兄ちゃんの口座にたまたまお金がなかったから、うちの口座から落としたと。
もちろん断りは何もなかったし、領収証は兄ちゃん宛に送られている。
うちは何も悪くないので返金して欲しいと言っても、『それはできない、兄弟なんだから兄ちゃんからもらってくれ』の一点張り。
こんな勝手がまかり通る組合のシステムには、もう言葉がない。

申し訳ないの一言もなく、『なんでそんなことに文句言うのか』って感じの対応。
やりきれなさが募る。
身内だからこそ催促しにくい、微妙な金額二万円。
私が騒ぐのは金額の問題ではなく、そういうとんでもないシステムの根本的な問題だ。
組合が決してやってはいけない事だと思う。
その考え方が、通用しない・・・
島で何かを主張するたび、こうして孤独感が襲ってくる。
まともな話が通用しない世界で生きるってのが、こんなに大変なものとは・・・

自分の権利の主張さえままならず、言いなりになることしかできない。
無駄な正義感の強さが邪魔をしてあきらめることもできず、悔しい思いだけが残る。

私はクレーマーなのか?
何をされても黙って言いなりになることが正しいのだろうか?

『正しいことをしたければ、偉くなれ』 by 踊る大捜査線

そんな和久さんの言葉が浮かぶけど、実際は違うのだと思った。
一般人が偉くなれるような場所では、元々正しいことができる。
限界を超えたこういう場所では、正しい者は排除されるだけのことだ。
立ち向かう気持ちは、どんどん萎えていく・・・

お知らせ

現在、メインブログ「利尻なう」にて更新中です!
スクリーンショット 2016-06-29 0.32.03

カテゴリー

過去記事一覧

2017年10月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031