続・隗より始めよ

利尻島より発信中

大漁の裏で

time 2015/06/13

今日も今日とて勢いとまらず、巻き網大漁!!
満船2回の超大漁だ。

嬉しいけれど、こんなに獲ってしまっていいものなのか??
ホッケがいなくなってしまうのではないかと、獲れたら獲れたで新たなる心配が出てくるものだ。
それでも漁師は、明日の百より今日の五十。
みんな資源保護の考えを持ってはいても、じゃあこんなに絶好調な時に自ら獲ることを辞められるか、というと難しい問題だ。
毎年獲れているわけではないのだから、自然と調整されていると納得させるしかない。
何が正しいのかなんて、本当のところは誰にもわからないよ。
生きていくってことはなんと罪深いことだろう、と思わずにはいられない。

しかしながら、この島では漁業が基幹産業なのだ。
10年先は、魚がいるかいないよりも、人間がどれだけいるかということの方が大きな問題。
平成22年に5400人だった人口は、現在4900人にまで減少している。
5年間で500人が減っている、というおそろしい状況。
かつてニシンが栄えた頃に、2万人が暮らしていたという面影は、今はどこにもない。
海の恵みとどう共存していくかということは永久の課題なのだと思う。
答えは、ありそうでない。

お知らせ

現在、メインブログ「利尻なう」にて更新中です!
スクリーンショット 2016-06-29 0.32.03

カテゴリー

過去記事一覧

2017年9月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930