続・隗より始めよ

利尻島より発信中

股関節にありがとう☆

time 2014/05/23

さっき、おもしろい発見をした。
頭に浮かぶ野菜たち、大根、玉ねぎ、レタス、キャベツ、にんじん、ピーマン etc・・・
野菜に限らず、肉や魚など、思いつく食材なんでもいい。
『大根 ダイエット』などと、後にダイエットをつけてググってみて欲しい。

ほとんどなんでもヒットする(笑)

巷に溢れる情報が、いかにいい加減なものかわかるはずだ。
そして、落とし穴に気付かねばならない。

これを食べれば痩せる、という食材は、本当はこの世に存在しない。

むしろどんなものでも、余計に食べない方が痩せるというのが真理だと思う。

実家の母も、みのもんた症候群で、テレビで紹介された食材は、次から次に試す。
これがもたらす効果は、『私はこんなに頑張っている!』という自己満足だけ。
もう10年以上、『あと5㎏痩せたい』と言い続けている。

普段の食事にわざわざ加えているのに、それが原因でカロリーオーバーになっていることにも気付かない。
身体に良さそうだ、という理由で余計なものを食べる必要が本当にあるのか、自分の頭で考えることはしない。
まあそれはそれで否定しないけれど、やっぱり世の中にはカモが必要なのだと痛感する。

テレビが本当に真実を流すのであれば、『これは食べるな!』という情報を流すべきだ。
意外と多くの人が、知らず知らずのうちにハマっている落とし穴。
流行に流されず、自分の感性で食べるものを選択できるようになれば、自然に痩せていく。
何が自分を太らせるのか、その犯人さえ突き止めてしまえば簡単なことだ。

痩せの大食いはいても、デブの小食は存在していない。
食べ過ぎて太るのは、火を見るよりも明らかなこと。
太る原因は何なのかを冷静に知るには、何かを断ち切ればわかってくる。
ひとつひとつ、自分の感性で、身体にとりいれるものを賢く選択できるようになれば、プロダイエッターだ(笑)

なんて、たいした結果もだしていない私がエラソーに言うのも笑えるけど。
まだまだダイエットは続く・・・

ところで、20㎏減をひとつの節目としたのは、ダイエットの折り返し地点というよりも股関節の症状が理由だ。
20㎏痩せると、人工関節を入れたのと同じくらいの効果があると言うことだった。
実際、今痛みは小康状態が続き、毎日1万歩を歩いても痛くない。
これがその状態なのだとしたら、手術を避けて本当に良かった。

手術日を決める段取りで病院を訪れたあの時、まるで神が降りたかのように、『やっぱり手術いやだ、まず痩せる!』と決断したことは、間違いではなかった。
手っ取り早く痛みをとる方法として手術を選択していたら、私はきっとまだデブなままだっただろう。
苦労せず手に入れたものは、大切にするのを忘れてしまいがちだから。
悲鳴を上げてくれた股関節に、心から感謝。
これからも、もっともっと楽をさせてあげられるように頑張るからね!!

お知らせ

現在、メインブログ「利尻なう」にて更新中です!
スクリーンショット 2016-06-29 0.32.03

カテゴリー

過去記事一覧

2017年12月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31