続・隗より始めよ

利尻島より発信中

初めての体育館

time 2014/03/08

続けてはいながらも、なかなか結果の出ないダイエット。
目標を設定したとたんに、何かをしなければ!という思いが湧いてくるからおかしなものだ。
やはり身体を動かしたくなってくる。
雪も落ち着き、最近は夫の帰りも早く、なんとなくダラダラと過ごしてしまっていた生活に渇!
自宅にいるとまったりしてしまうので、昔取った杵柄でデューク先生のサイン入りウォーキングシューズを引っ張り出し、ノルディックも装備。
夫も誘い出し、意気揚々と車で5分ほどの体育館に行ってきた。

体育館とは言え、私には町を挙げてハコモノ行政を推し進めてきた残骸にしか見えなくて、どうせたいしたものはないだろうとタカをくくり、今まで興味を持たずにいたが、行ってビックリ。
広々とした体育館では、子供たちがキャッチボールなどを楽しんでいた。

二階の回廊がちょうど良いウォーキングスペースになっていて、これならノルディックを使って歩くのも楽しい。
一階にはジムまでありやがった。

最新のランニングマシーンや、ずらりと並ぶ筋トレマシンたち。
久しぶりに大きな鏡で自分のトレーニング姿を見るのはとても刺激になった。
ダイエット目的だけでなく、筋トレマシンたちが思いの外リハビリに使える。
エアロバイクも病院にあったものとほぼ同じものがあり、気分はPT室。
実に立派なものだ。

これだけ使って、一回の利用料が150円とはジュース一本分だ、激安☆
シャワー室もちゃんとあるらしく、設備は月会費を何千円も払って会員になるスポーツクラブとほぼ変わらない。
いやいや、むしろ都会の混んでいるスポーツクラブでは恥ずかしくてなかなかマシンなんか使えなかった。
そう思うと、この離れ小島の体育館は私には天国。
ロッカーなんかなくても、荷物はそもそもいらないので全く不便を感じることはない。
スニーカーひとつ持って行けば、そのまま運動スタート。
最近あちこちに進出している、30分エクササイズが売りのカーブスに通うノリだ。

島で当たり前の、このゆるい空気が、今日の私には驚愕の合理的システムに思えた。
そういう場所に行けば自然と運動できる。
回廊をノルディックウォーク20分(約2000歩)と、筋トレマシンも一通りチャレンジした。
初回から飛ばすと反動がくるのも考慮して、1時間半程度にとどめておいたが、しぶしぶついてきた夫が、筋トレに励んでいたのは意外だった。
おそろしい腕力を目の当たりにして、ちょっと見直しちゃったりもした。
特に引っ張る力の強さは、漁師歴30年というキャリアがダテではないことを物語っている。
時に身体とは、言葉よりも雄弁に人の歴史を語るものなんだなぁ・・・
今日一日運動したからと言って、急激に体重は減らないけれど、運動しようという気持ちが生まれ、行動を起こせた自分を少し誇りに思う。

お知らせ

現在、メインブログ「利尻なう」にて更新中です!
スクリーンショット 2016-06-29 0.32.03

カテゴリー

過去記事一覧

2017年10月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031