続・隗より始めよ

利尻島より発信中

ウニ漁&観光

time 2014/08/30

ようやく昆布から解放され、今日は超久しぶりのウニ漁3時間。
ガンゼの旗があがった。
おかげで友人も家族へのお土産にウニを持って帰ることができて助かった〜!
いくら晴天続きとはいえ、体力的にもこうして途中にウニ漁をはさむことはとても大切だ。
まあ、こんなに昆布昆布は、それこそ50年に一度の話なのだろうとは思うけれど。
そんなわけで、今日は友人と共に、利尻の一日を満喫。
朝からウニむき後、島一周へ出かけた。

初めて上った、夕陽が丘展望台から見える、ポンモシリ島。
向こうには礼文島も一望できる。
こんな絶景があるなんて知らずに過ごした3年間。
住むと観光しないものだよね、なんだか新鮮な気分だった。
お昼は、フェリーターミナルに新しくオープンしたカフェで、ラーメンを☆

私は利尻大噴火ラーメン!おいしかった。
辛めのスープで、チャーシュー、ホタテ、海老の豪華なラーメンは、都会の味がした(笑)
小洒落た内装や家具も、島とは思えない雰囲気で、かなり気に入ったよ。

友人はスープカレーラーメン。
これまたおいしい。
洗練された感じ。
オーシャンフロントのカフェ、島民より観光客が多くて落ち着く。

定番の観光スポット、姫沼の遊歩道も初めて一周した。
かなり時間がかかるかな?と思ったけれど、実際はそうでもなかったのがなんだか不思議な気分。

そして、沼浦展望台へ。
ここは新しく『白い恋人の丘』の看板が立てられ、ここでプロポーズしたカップルには、プロポーズ証明証が贈られるらしい。
だが、正直あんまり魅力がなかった。
こじつけムード漂いすぎて、ただのお菓子の宣伝に見えてしまう。

証明証が欲しくてフェリーターミナルの窓口で、3年前のプロポーズではだめなのか?と聞いたら、素っ気なく断られた。
おまけに、証拠写真をとってこないと・・・なんて言われてガッカリ。
なんでもかんでも治外法権にしておきながら、こういうところで融通の利かない島の中途半端な観光対策。
なんだろね、これ。
微妙すぎ。

オタドマリのお土産物屋も、今日は観光客で賑わっていた。
ウニ漁が明日までとあって、みんなウニ軍艦食べてたよ。
そんな中で異色の揚げ餅食べてきた。
味、見た目通り。
いたって普通すぎるけれど、旅気分は味わえる。

時間が余ってしまうかと心配していたけれど、途中知り合いの昆布作りの現場を見せてもらったりしていたら、なんだかんだで夕方まで遊んだ。
のんびり、まったり。
これが利尻の正しい過ごし方。
日頃忙しい日々を過ごしている友人には、ちょうどいいペースの観光だったかな、と思いたい。

夕食はウチで天ぷらを。
天ぷらってのは、シンプルなようで、各家庭に大きな違いがあるメニューだ。
我が家では天つゆに大根おろし、友人はたっぷりの大根おろしに醤油。
野菜の切り方なんかも私のはかなり大きいみたいだった。
自分では普通と思っていることが、他人には全く異次元なのだとわかって楽しかった。
友人には普通の、じゃがいもの天ぷらは、私には超ビックリだったし。
でもやってみたらおいしかったので、今後はメニューに取り入れよう。
慌ただしい3日間はあっという間に過ぎ、友人も明日はもう帰路に着く。
旗が上がりっぱなしで、たいしたおもてなしもできなかったけれど、すごく楽しい時間を過ごせた。
友人の帰ってからのますますの活躍を祈りつつ、私も残りの漁期を頑張ろう!
遊びに来てくれて、どうもありがとう☆

お知らせ

現在、メインブログ「利尻なう」にて更新中です!
スクリーンショット 2016-06-29 0.32.03

カテゴリー

過去記事一覧

2017年9月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930