続・隗より始めよ

利尻島より発信中

ウニづくしな日

time 2014/07/08

ウニライスバーガーを進化させるべく、いきつけの中華屋さんで、ウニチャーハン食べてきた!

今までわざわざお金を払ってウニを食べようとは思わなかったんだけど、勉強のため。
ここに何かヒントが隠されているかもしれない、なんて思って(笑)
でも、そんなことはさておき、食べて良かった。
すごくおいしかったんだよ!

ウニが中華と見事に融合していて、写真ではわかりにくいけど、チャーハンそのものにもウニが結構入っているし、温かいあんかけウニには、目立たぬように隠し味のたらこがまぶされていた。
絶妙なり。

その独創的なスタイルは、なぜもっと評判にならないのかを疑問に思うほどだった。
保存のきく蒸しウニを使って、観光客でも手を出しやすい良心的な値段に設定してくれている。
ちなみに、現在価格2000円なり。
オススメだ!

最近島ではウニ高騰のあおりを受けて、ウニ丼が1万円なんてところも出現したらしい。
いくら仕入れが高いとはいっても、そんな値段はやばいでしょ。

ウニ丼になら、せいぜい載せても100g〜150g程度と予測できるので、仕入れ値を知っている私が聞いても高いと感じる。
この前のパンで私は学んだ、値段もまた、味のうちなのだ。
バランスがとれていなければ満足度は低くなる。

島のウニがどんなにおいしいかを知っている私でも、1万円払ってまで、たかがウニ丼食べたくはない。
そう、私にとっては、たかがウニ丼。
何も工夫がないじゃん、料理人の腕前なんてそんなに関係ないじゃん。
ウニさえ買えば、ご飯を炊くだけで自分で作れるんだよ、秒速で。
それを忘れてはいけない。
てなわけで、この中華屋さんの店長は割とおもしろい料理を作ってくれる。
私はウニチャーハンを食べるだけでなく、試作のウニライスバーガーのアドバイスをもらってきた。

持っていったのはこれ。
この前より少し進化させ、ごはんにウニを混ぜ込み、挟むウニも減らし、少し小さめに作った。
しかし、ごはんを薄くしたのと、ウニを混ぜたのが逆に失敗。
第一号よりは崩れやすくなってしまっていた。
『味はいいけど、何か足りないね』とのことで、ちゃちゃっとごはんを作ってくれたよ。
海苔を混ぜ込んで、ごはんを少したたいたものだ。

それで作ったのがこれ。
確かに崩れにくいが、ごはんをたたいただけに、食感はなんだか少し団子っぽい。
ウニの量をケチったせいか?少し味も薄く感じた。
しかし色が黒と黄色で、一気にウニらしくなった!!

研究に勢いがつき、友人宅にも試食を持ち込み、感想を聞きこみ調査し、さらなる試作を。
やはりボリュームが足りなかったのでは?と、今度は夫の好きな卵焼きとの合体バージョンを作ってみた。

ノナを使っているだけに、写真ではウニと卵焼きの区別がつかないくらい一体化している(笑)
少し濃いめの醤油味で焼いた卵焼きは、なるほどウニを引き立ててくれている。
そもそもウニと卵焼きは相性が良い。
ボリュームが大きくなったことで、食べた時の満足度はかなり上がった。
が、しかし、ごはんをつぶさないように海苔を混ぜる技術がかなり難易度高く、色味は失格だ。
深い・・・
まだまだ研究は続きそう。

お知らせ

現在、メインブログ「利尻なう」にて更新中です!
スクリーンショット 2016-06-29 0.32.03

カテゴリー

過去記事一覧

2017年11月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930