続・隗より始めよ

利尻島より発信中

なぜ、食べるのか?

time 2013/11/27

今日、体重が99.3㎏を記録し、ようやく二桁になった。
11月19日、102.2㎏でダイエット開始から、3キロほどの減量だ。
あ、ちょっと語弊があるな。正確にはダイエットをしていない。
痩せた人として行動することを常に意識しているだけで、特別な努力は何もしていない。

何度もストイックなダイエットをしてリバウンドしてきた経験から、今回は「我慢」ということをしないと決めている。
ただ、今までの経験は無駄だったわけではない。
食べることに関してのいろんな知識は頭の中にあるし、少なくとも自分を太らせる食べ物が何かはわかっている。
食べる順番や食材の組み合わせかたにはその知識を動員するが、基本的にはなんでも食べる。

実際この一週間、天丼やらステーキやら、ダイエットでは御法度的な扱いをされている物も普通に食べてきた。
元来、食べることが大好きな私が、一生続かない我慢をしても絶対にリバウンドする。
今回はそういう先を見据えた上でのチャレンジ。

あれもこれもダメでは、この先つまらない人生、そんなのはまっぴらごめんなのだ。
明るく、楽しく生きたい☆
こんな風に意識を変えただけで、すぐに体重は落ちるもの。
だんだんと自信がでてきた!

今回は自分を狂わせるものを排除する以外には、何も我慢していないわけだから、ひもじい思いはしていない。
あんなに食べまくっていた甘い物、砂糖を断ち切るだけで、実際簡単に痩せる。
ああ、こんなに簡単なことなのに、なぜこの3年間、体重を増やしてしまっていたのだろう・・・
都会生活から一転、離島で暮らすようになり、感性も変わってしまっていたのではないだろうか?
「島ではこれくらいしか楽しみがないから」と食べまくっていた自分が恥ずかしい。
あまりにも愚かな行為だ。

おなかが空いているわけでもないのに、なぜ食べるのか?
痩せている人は疑問に思うに違いない。
これはデブに共通したことだと思うけれど、「口が寂しいから」「映画を見るから」「せっかくいただいたから」
どれもこれも、身体の欲求は無視、脳の要求だけで食べてしまう理屈を並べる。

これにさよならすればいいのだ。
おなかが空いたときだけ食べる。
痩せるなんて、実にシンプルではないか!

不思議なことに、こうして身体のサインを受け取るように気をつけていると、自然と太りそうなものは避ける傾向が出てくる。
白砂糖は私を慰めてくれる魅惑の食べ物から、私を太らせる憎き相手に変わった。
まさに、かわいさ余って憎さ百倍(笑)
感じ方が変われば、全てが変わるのだ。

逆に言えば、感じ方を変えずに痩せられるわけがない。
世の中のダイエット法の全ては、「手段」でしかない。
この秘密が知れ渡ってしまったら、ダイエット市場は崩壊してしまうだろう。
なんだか自分がとてつもなくスゴイことに挑んでいる気がしてきた。

目標の体重も設定しない、何も我慢しない、好きな物を食べる。
こんなダイエットが成功してしまったら、などと思うと笑いをこらえきれない私がいる。

お知らせ

現在、メインブログ「利尻なう」にて更新中です!
スクリーンショット 2016-06-29 0.32.03

カテゴリー

過去記事一覧

2017年11月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930