続・隗より始めよ

利尻島より発信中

加賀本店 海鮮丼記

time 2015/02/03

この前行ってきた、激安海鮮丼の記録。
山梨の激盛り店を完全制覇するには、まだまだ遠いが、いつもとは趣向の違う海鮮丼目指して、向かった先は『加賀本店
小さな居酒屋風のこの店の海鮮丼は驚くべきボリュームだった。

1時間前に予約の電話を入れると、何やらサービスしてくれるとのことだったので、期待は膨らんでいた。
最近知ったのだけど、海なし県のくせに、山梨には寿司屋が多い。
スーパーではあまりたいした刺身が買えないようだけど、その分外食での需要が大きいのではないだろうか。
意外とクオリティが高いのだ。
加賀本店の激安海鮮丼(上)、1500円で果たしてどのような攻撃が来るのかわくわくしていた。

メインの海鮮丼の前に出されたのがこれ。
おつまみ4種、もずく酢、冷や奴、サラダ、あら汁、お新香。
カウンター席なので、まずはこいつを片付けないと、というくらいの驚くべきボリューム。
これだけで病院の一食分を超えている。

そして待ちに待った海鮮丼。
具が二段になっているため、写真よりも遙かにボリュームがあり、見えないところにマグロが隠されていた。
この1500円は安すぎっ!!
お刺身も、なかなかのものだった。
とにかく何でも乗せてやれ!って感じで、海鮮丼の具としては、ゆでた海老やホタルイカ、ハモ、コハダ、スモークサーモン、タコ、カキなどが珍しい。
大トロのぶつ切りも入れてくれた。
生しらすも、この時期にまさか山梨で食べられるとは思ってもみなかったよ。
納得のボリュームだった。

ちなみに、予約なしで行った場合はこんな感じだそうだ。
ここでは店主の方針がおもしろい。
とにかく予約をいれると、他のメニューも安くなったりボリューミーになったりするとのこと。
この気まぐれ感が楽しくて、何度も行きたくなるお店だ。

かなりの数の山梨激盛り店を渡り歩いてきたが、どうやらここには独特の食美学が存在しているように思える。
とにかくなんでもかんでも溢れんばかりに盛りつける。

その際、美しさは無視し、受け皿さえ使えばこぼれることもいとわない。
激盛り店が数多く存在しているのがなぜなのか、まだ解明できないけどね。
何はともあれ、加賀本店、ナイスなお店だったよ!

お知らせ

現在、メインブログ「利尻なう」にて更新中です!
スクリーンショット 2016-06-29 0.32.03

カテゴリー

過去記事一覧

2017年11月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930